防水工事

建造物の雨や水にさらされる部分を防水処理することで、建物内部に水が染み込むのを防ぎます。

防水工事とは、水路を断ち、水流を作る力を防止することです。人目に付きやすい場所か、きれいに仕上げたいか、紫外線への耐性は強いか、衝撃や摩耗に強いか、耐用年数は長いか、工事期間は長いか等々、選択基準が複数あり、お客様のご予算、工事範囲、施工場所の現況などを考え、複数の防水工事の種類の中から、最も適している工事法をご提案いたします。

e3efce02a5662872607c963010de1fdb_s.jpg

防水工事の必要性

漏水は建物内部に損害をもたらすだけでなく、建物の耐久性能を著しく低下させるため、雨や水の浸入の可能性がある部分には、防水工事を行ないましょう。防水工事を行なうことで、建物の寿命を長くすることができます。

そのための現況調査は大変重要であり、当社では、長年の経験と実績があるからこそお客様に正しく伝えることが可能です。

ウレタン防水

他の工法に比べ、安価で耐久性が高く、どのような場所でも使用しやすいというメリットがあります。樹脂材料を複数回、重ね塗りするため、複雑な形状にも向いていますが、数年に一度の定期的なメンテナンスが必要です。

シート防水

シートを貼り付けることにより、雨水の浸入を防ぐ防水です。マンションやビルの屋上、住宅のベランダなどで広く普及し、塩ビシート防水、ゴムシート防水などがあります。耐久性が高く、メンテナンスが不要など信頼性の高い工法です。

アスファルト防水

耐久年数が長い工法ですが、重い材料のため、一般的な戸建てやマンションで施工されることが少ないです。最近は、改質アスファルトシート防水が開発されたため、太陽光発電を屋上に設置する前などの特殊な場合に採用されています。

FRP防水

ガラス繊維などの強化材で補強されたプラスチックです。優れた特性を持ち、強度・耐水性・成型性が優れていることから、船舶、水槽、バスタブ、波板、自動車、屋根材等に幅広く使用されています。

ベランダ防水工事
床防水工事